三津のリトルイタリア「フロワー」さんのチョコレート開封の儀!!!

Category : お店紹介 |


先週、来店させていただいた、フラワーさん。
オーナーシェフ手作りのチョコレートを開封&食べてみたので
ご報告¡¡¡

なかなか、手作り感満載な外見です。
【完全手作りなので当然ですね】

常温で溶けるようで、保冷剤を同封してました。
しかしかなりのインパクトです。
【パッケージの登場人物はどちら様?】

フロアー手作りチョコレート本体外装

価格のインパクトよりもパッケージのインパクトのほうが
大きいです。

一昨日のブログで、紹介していた通り、50gで1000円です。
それだけを見ると完全に高いです・・・・・が、お味のほうは¡¡¡

その前にチョコレートの全貌の確認です。
インパクト大の袋から内容物を出してみます。

フロアー手作りチョコレート本体内装

説明書が同封されています。
カカオと、きび砂糖が7:3で配合されています。
オーナーシェフがおっしゃるには、このチョコレートは
乳化剤を入れていないとのこと。

一般のチョコレートは、カカオをすりつぶして、乳化剤で
溶かして、なめらな舌触りを出しているらしいのです。

一方、フロアーさんのチョコレートは、乳化剤は
使用せず、カカオの実の小さな粒が残って
いる状態です。

それでは、開封してみます。

フロアーチョコレート②
フロアーチョコレート①


直径11.5cm  厚み 7mm くらいでしょうか。

パキッと割るのがもったいないです。が、一度に全部は
食べられないので、割ってみます。

そしてもう少し小さく割って、一口、食べてみます。

「まじで¡¡¡」

のっぽの第一声がこれでした。
今までのっぽは高級チョコレートといわれる1個1000円
くらいのチョコレート【一口で食べれる大きさ】を何度か
頂いたことがありますが、フロアーさんのチョコレートは、
今までにない触感と、カカオ本来の旨みが、舌全体を
覆いつくして5秒後にきび砂糖の甘さがくる、絶妙な
バランスと味わいなのです。

このチョコレートは、オーナーシェフが、全部手作業で
行っているので、この価格なのだろうと思っていたけど
これは「チョコレートの味」に1000円を払う価値があると
のっぽは思いました。

人生で、初めて自分のお金で購入したいと思うチョコレートです。

のっぽは決してお店の回し者ではありませんが、来月
再来店しようと心に誓った次第です。



「ポチットナ」していただけると幸いです!!!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村


40歳代ランキング

トラックバック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する