のっぽの日記

ARTICLE PAGE

AVアンプ「STR-DN2030」のソフトウエアー更新が入った件!!!


今から4年前、気合を入れてAVアンプを購入して
何度かソフトウエアーの更新は入っていたが、
ここ1年は全然入っていなかったのだが、
更新がいきなりかかったのでご報告!!!


DN2030アップデート


さすに4年前のアンプなので、もう無いと見越していただけに
SONYさんに感謝しながら、更新作業をしてみました。

といっても、勝手にアンプが行なうので、のっぽはOKを
押すだけです。所要時間約15分!!!


DN2030アップデート①


今回の修正内容を見てみると・・・

4K/60pを出力できるソース機器を接続しているにもかかわらず、
DN2030を経由すると1080/60pになる場合がある症状を修正。

HDMI 1080/24p信号の4Kアップスケーリング機能(2013年9月アップデートで対応)
を有効にしたとき、出力信号のアスペクト比が異なる場合がある症状を修正。

4K信号をHDMIパススルー(Pass Through)するときの接続安定性を改善。
とのことでした。

と言うことで、今の接続環境ではまったく支障をきたすような
機材がつながれていないことは判明した次第です。

でも、そろそろ4Kのブルーレイプレーヤーが10万円を
きってきたので、触手が動いているのは確かです。

のっぽが現在気になっているのは・・・・・・


OPPO203画像


実売で、9万ほどの中級機になるのですが、SACDも
かなりの高音質でかかることに定評があるのです。

なので、コレが もう少し安くなった頃に購入を考えている次第です。

話がそれましたが、ソフトウェアが更新されたので
一度AVアンプをリセットして、音場の設定も
リフレッシュさせたいと思います。

あわせて最近、サラウンド【SR・SL】のスピーカーを
入替えたため、かなり音のつながりが変わってしまったので
今のタイミングで行った次第です。


DN2030アップデート③


では、早速測定器のセッティングです。
久しぶりに測定器の出番です。

スタンドなどは無いので、クッションを代用します。


ND2030アップデート②


あとは、AVアンプ任せで、音場の測定をしていきます。
所要時間1分!!!

測定完了です。

最近の高級AVアンプは15分以上測定に要する機種
もあるようなのですが、4年前の中級機はこんなもんです。

早速、BDを再生してみます。
なかなかサラウンドのつながりが良くなりました。

コレで、NetFliexが一段と楽しくなる
今日この頃なのです。


「ポチットナ」していただけると幸いです!!!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村


40歳代ランキング

Comments 0

Leave a reply