のっぽの日記

ARTICLE PAGE

焼肉「万屋」さんに行ってみた件!!!


たぶん7月あたりに「ひめぎんホール」のとなりに
できたと思われる、焼肉「よろずや」さんに
行ってきたのでご報告!!!

のっぽはめちゃくちゃ気になっていたのです。
佇まいが半端ないのです。
「できる焼肉屋」オーラが拡散しています。

しかし食べログなどの評価がいまいち!!!
なぜなのか????

これは行くしかない・・・ということで
行ってまいりました。


万屋


店の入り口は駐車場なので、店は少々奥まっています。
が店構えがしっかり見えるし、店前は万年渋滞なので、
視認性はある意味、よいと思われます。

そして店内に・・・
レジスター横にはオープンキッチンがあり、
とても衛生的に管理されているようです。

それではお部屋へ足を運んでみます。
店内は、高級志向であるのは一目瞭然!!!

期待が高まります。
まだまだOPENしたてということもあり、
スタッフさんもマニアル口調であるけど
それはご愛敬!!!

万屋①
万屋②

そして気になるメニュー表です。
想像した通り、値段は高級店に属する
設定です。(松山での話です)

ここで、のっぽの焼肉遍歴を紹介しておくと、
21歳の時、その時住んでいた、東京の目黒にあった
「叙々苑・目黒店」に先輩に連れて行ってもらい、
人生初「カルビ」を食して以来、叙々苑の
「カルビ弁当」を持ち帰り、家で食していたほど、
カルビ好きになってしまい、その時食べた
焼肉が人生の頂点だったのです。

以来、あの味以上の焼肉店に出会うことも
なく、現在に至っているのです。
【そして時間とともに、叙々苑は超高級店
になってしまいました】

そして今日は、「よろずや」さんチャレンジです。

「よろずや」さんの売りは、一頭買い!!!
なのでなかなか一般には出回らない部位も
メニューに載っています。
しかし、のっぽは王道で攻めてみます。

とりあえず、バラ・ロース・カルビ・てっちゃん
で注文開始です。

しかし、「ロース」が売り切れです。
日曜日の19:50でロースが売り切れとは・・・・・・
どうやらロースが人気のようですね!!!

食べログにも書いていましたが、器にはこだわりが
あるように感じる「鉄器」のようなものが使用されています。

万屋③
万屋⑤


お店のスタッフさんも言われていましたが、
タレと塩と素焼きの3種類あって、お好みで
商品を提供してくれるとのことなのですが、
おすすめは「素焼き」です。とのこと!!!

なので、そこは仰せの通りに「素焼き」で注文
してみます。

そしてそのその素焼きにつけるタレは・・・・・
藻塩がイチ押しです。(のっぽ談)

万屋④


注文して10分もたたないうちに、商品が運ばれてきます。
おおおおおおーーーーーー
なんだこのバラ???????

あ・ぶ・ら が・・・・・・・・・・・・・

これカルビじゃないの????
絶対間違えてる???かも。

万屋⑥

反対に、がルビはと言いますと・・・・
↓こんな感じです。


万屋⑦


いやいや絶対間違ってるって!!!

それでは、食してみます・・・・・・
絶対カルビだってスタッフさん!!!
(バラと書いているほうを食しています)

でもどちらも激うまなのです。

そして、叙々苑以来、半生で行けてしまうのです。
そのくらい鮮度は申し分ないのです。

お次は、のっぽの嫌いな「てっちゃん」です。
ハラミ以外の内臓は食しません・・・・・

万屋⑧


が、バラ・カルビの鮮度がかなりの物だったので
チャレンジしてみます。

結果・・・・激うまです。なんということでしょう。
今までどこの店でも、敬遠していた内臓系ですが
独特の鼻に抜ける「野生」の匂いがしないのです。

これは本当においしい!!!

万屋⑩
万屋⑨


当時の叙々苑に匹敵するくらいのインパクトが
あるお店だと認識させていただきました。

なので、次回近いうちにリピートして、「カルビとバラ」
の違いをはっきりさせようと思っています。

そして肝心のお値段ですが、2人でおなか一杯に
なって9000円ほどでした。
あれ、安い!!! 巷のチェーン店に行っても
このくらいしているように思います。

ということは、このクオリティーでこのお値段!!!
もしかして「とってもお安いのでは?」
と思わせる、今日この頃なのです。



「ポチットナ」していただけると幸いです!!!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村


40歳代ランキング


Comments 0

Leave a reply