のっぽの日記

ARTICLE PAGE

とうとうこの日がやってきた!!!

1年位前に、胃が痛くて気を失った・・・・・
そして気づいたら救急車の中だった・・・・・・

とても調子が悪く騙し騙し生活していたが限界だったようだ。
その時入院した病院で精密検査をした結果、急性胃腸炎
との診断で事なきをえて5日後に晴れて退院できたのだが、
その精密検査時にたまたま先生が見つけてくれたものが1つあった。

それは、体の右側と左側両方に1個づつあるもの・・・・
そう、腎臓です。その右側の腎臓に1㎝位の突起物が10個ほど
あったのです。

のっぽはそれを聞いたとき 「とうとう年貢の納め時か!!!」
と正直思いました。精密検査をする機械がこの病院にないため
赤十字病院に紹介状を書いていただき、検査をすることに・・・・



がん家系に生まれているので保険にはきっちり入っている!!!
【先進医療もうけて絶対「がん」に勝ってやる】位の気持ちで
MIRやその他の精密検査をして結果を待った。

そして先生から驚愕の事実が・・・・・・・
「これはがんではないですね!!!」
のっぽに天使が舞い降りた瞬間でした。

どうやら血液が化石化したようなもので、命に別状はないとのことでした。
なぜ、右側の腎臓にしか出来ないのかわからないが、とりあえず経過観察
ということで3ヶ月に1回MIRに入ることにしているのです。
あわせて、その他の部分も一緒に検査してもらっているので、
最近のっぽはメチャクチャ元気ですという「オチ」でした。

今回で3回目だけど、MIRに入っている間のあの「爆音」何とかならないものか
と本気で思う今日この頃です。


Comments 0

Leave a reply