のっぽの日記

ARTICLE PAGE

映画 「転校生」の一場面を思い出した。

のっぽが、尾道を好きになった理由のひとつに「映画・転校生」を
見たのがきっかけにある。
それは1982年。今から33年に見た転校生という映画の舞台が
ここ尾道だったのです。
真向かいの島から見る尾道の町がとても綺麗だったのです。
映画では夕方の景色だったと思いますが、小さなのっぽの脳裏に
焼きついて離れなかったのです。
いつかは、ここに行きたい!!!と言う欲求は強くなり、のっぽ19歳のときに
初めて、現地へたどり着いたのです。
そのときの感動は今でも薄れることもなく鮮明に記憶しています。

尾道昭和の映画館

そんな、尾道ですが当時を彷彿させる映画館が存在していました。
この映画館、メチャクチャ「昭和」していて只者ではないオーラを感じます。

今度尾道に行ったら必ずここにも立ち寄ってみようと思います。
因みに、転校生の監督はここ尾道出身の大林監督です。
転校生のあと、「時をかける少女」や「さびしんぼ」などがありますが
のっぽはどれも大好きで、もしWOWOWなどで放送があれば必ず
録画すると思います。

そんな「昭和」な趣の有る尾道が大好きな今日この頃です。



Comments 0

Leave a reply