のっぽの日記

ARTICLE PAGE

ニッカウヰスキー 「余市」 販売終了?

ヤフーニュースにさっき出ていた内容!!!
「アサヒビール系列のニッカウヰスキーが北海道余市町の余市蒸留所で製造する
シングルモルト「余市」シリーズについて、8月末の出荷分で販売を終えることを決めた」
との掲載があった。
国産ウイスキー人気に伴う原酒不足が理由だそうで、「余市」はウイスキー愛好家の支持が強いため、
ブランド名は残し、新商品での使用を続けるとのことだった。

理由はというと、「予想以上の売れ行きで原酒不足となり、供給が需要に追いつかなくなった。
今後は、「余市」と並ぶ看板ブランド「竹鶴」に原酒の使用を集中させていく。ということらしい。

余市(ウイスキー)
【記事抜粋】
「余市」は、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝がこだわった独特の香ばしさなどが特長。
熟成年数を表記するエイジ商品の「10年」「12年」「15年」「20年」の計4種とノンエイジ商品があり、
NHK連続テレビ小説「マッサン」の影響で人気が上昇。
アサヒビールによると、1~5月の売上高は前年同期比2・7倍の伸びを示した。





来週のっぽは、北海道に入る予定で余市町の近くまで行くことになっている。
にわかウヰスキー愛好家としては、ここはひとつ現地に行って「余市」を
購入してこようと考える今日この頃です。
【また旅行スケジュールがキツクなったのは言うまでもありません】



ランキング参加中につき「ポチットナ」していただけると幸いです!!!




Comments 0

Leave a reply