のっぽの日記

ARTICLE PAGE

ヘッドライトの「黄ばみ」&「くすみ」を除去した件!!!

のっぽの現在の愛車は「カローラ・ラグゼール」
1トンのボディーに1800CCのエンジンをつんだ
結構速い「大衆車」なのです。

走行距離も40000Kmとまだまだ現役ランナーなのですが
最近ヘッドライトのくすみ&黄ばみが気になりだして、とうとう
夜、ヘッドライトをつけると以前と比べてとても暗く感じ始めたので
そろそろリペアの時期だと感じ一念発起した次第です。

のっぽの場合、市販のヘッドライトクリーニング剤なるものには
頼りません!!!

耐水ペーパーで磨き上げるのみ!!!
では早速、使用するお品の紹介です。

【クリーニング前の写真↓】
ヘッドライトくすみ

まずは、耐水ペーパー1000番&2000番!!!
そして、極細コンパウンド・・・・

あとは、マスキングテープがあれば完璧!!!

【用意するもの↓】
ヘッドライトクリーナー用品一式

それでは、作業に取りかかりましょう。
まずは、マスキングです。

大切なボディーを削ってはいけないので、
この作業はとても大切です。

【↓の写真のように保護します】
ヘッドライトマスキング

この角度から見ると、かなり黄ばんでいるのが分かります。
それでは、1000番の耐水ペーパーで表面の小傷や黄ばみをそぎ落として行きます。

その際、絶対力を入れないのがコツ!!!
時間はかかるけど、丁寧に研磨していくのが
絶対的な約束事になります。

【↓1000番で研磨した表面】
ヘッドライト1000番で磨く


それでは、今度は2000番の耐水ペーパーで研磨して行きます。
要領は1000番の時と一緒で、あせらず丁寧に表面を研磨していきます。

1000番でつけた傷を2000番の耐水ペーパーでさらに磨いていく
感覚です。

ここまで約30分・・・・・・暑い・・・・・・暑い・・・・汗が・・・・・
【必ず熱中症対策をして作業してください】

【2000番で研磨した表面】
ヘッドライト2000番で磨く

写真では違いがはっきりしませんが、2000番での研磨
終わりだと1000番に比べて幾分透明度が出てきている感じです。

そして最後の研磨作業でコンパウンドを使用して
乾いたタオルで研磨していきます。
【この作業終わりで60分】

ヘッドライトコンパウンドで磨く

そして仕上げに使用するのがガラスコーディング剤!!!
【コレは車のトランクにずーっとあったもので、1300円位したと思います】

コレをウエスに適量含ませて後はヘッドライトの表面を軽く
こすりながら「ガラスコーティング」

ヘッドライトコーティング剤
ヘッドライトガラスコーティング


新品になりました!!!


トータル2000円でこの満足感はなかなかのパフォーマンスです。
途中暑すぎて、塩飴と水を大量に飲みながらの「命がけ」の
ヘッドライトクリーニングでした。

これで夜道が明るくなると思うと嬉しくなる
今日この頃です。
【この作業、夏は止めた方がいいかも・・・・・】






「ポチットナ」していただけると幸いです!


ハピタス!!!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス









Comments 0

Leave a reply