新潟名物「へぎ蕎麦」を入手した件!!!

Category : お店紹介 |

以前、ケンミンショウで新潟の特集を見ていたとき
聴きなれない、名前が出てきたのでこのたび、通販で
入手したのでご報告!!!


その名は「へぎそば」

とりあえず開封の儀!!!

へぎそば表紙
へぎそば開封
へぎそばアップ

内容物はこんな感じです。

今回は、地元ではかなり有名と称される小嶋屋
さんからのお取り寄せですが・・・・・・
見た目、普通のおそばの乾麺と変わりません。

そこで少し解説を・・・・・・・【HPがら抜粋させていただきました】

・・・・・・そば通の方であればすでにお聞き馴染みの「へぎそば」。
ではこの「へぎ」とは一体なんでしょう?
この「へぎ」、実は「剥ぐ=はぐ=へぐ」のなまりで、木を剥いだ板を折敷に
したもののことであり、ざるそばやせいろ同様、「へぎ」という器に盛られた
そばのことを言います。

そば切りは江戸時代にはじまり、新潟県は魚沼地方を中心にそばの栽培
が行われてきました。この地方は織物の産地であり、織物の緯糸(よこいと)を
ピンと張るためにフノリ(=布海苔)という海藻を使っていましたので、
このフノリは容易に入手できる環境だったのです。
そこで「このフノリを使ってそばはできないだろうか」と研究を重ね、
現在のフノリそばを完成させたのでした・・・・・・・・

と言うような感じです。

のっぽは、この蕎麦の存在を知らなかったのです。
なので、とても興味を引かれたので、購入した次第です。

前置きが長くなりましたが、調理開始です・・・・・
といっても5分ゆでるだけ!!!!

【麺の断面をアップにしてみました】
へぎそば麺断面
へぎそばゆでる

後は流水で、熱が取れるまで、洗い倒します。
盛り付けにチャレンジしてみたのですが、HPに
あるようにはできませんなので、普通に盛り付けます。

へぎそば盛り付け


それでは実食!!!

麺にこしがとてもあり、かなりの噛み応えがあります。
そこからかんでいると、「ふのり」の香りがかすかに
鼻に抜ける感じがとてもすがすがしく思えます。

そして、最後にのどごしの良さが光ります。

普通のお蕎麦の場合、水分がなくなるとなかなか
喉の奥に入らないものですが、へぎそばはそこが
違うように感じました。

今回、3袋6人前を3人で食したのですが、
のっぽは確実に4人前は食したと思われます。

まったく飽きない!!!

やはり、美味しいからなのか、最後まで美味しく
いただけました。

今回、写真の一箱で20人前で約5000円(消費税・送料込み)位
だったと思いますが、非常にお値打ちだと思います。

あと、7袋残っているので、今度は年末の年越し蕎麦で
使おうかと思っている今日この頃なのです。


「ポチットナ」していただけると幸いです!!!


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ


クレジットカード ブログランキングへ

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する