のっぽの日記

ARTICLE PAGE

「映画ライブラリー」を見ていて気付いたこと!!!

昨日、キアヌリーブス主演2001年公開のアメリカ映画、
「スイート・ノーベンバー」を見ていてあるものに気付いたので
ご報告。

のっぽは5年ほど前にDVDを借りてみた記憶があったのですが、
内容をまったく覚えていなくて、再度WOWOWで見ることにしたのです。
映画は少し悲しいエンディングになるようですが、今回は劇中に出てくる
携帯電話についてのお話です。

スイートノーベンバーT209画像引

キアヌリーブスが劇中で使用している携帯電話・・・・・・
「カッコイイ!!!」 これぞ携帯電話!!!と思わず言いたくなるフォルム。

やはり今のスマホには無い「色気」があるでは御座いませんか。
機能的には、ショートメールさえ送ることは出来ません。

通話以外の機能は、まだ無い時代の携帯電話。

スイートノーベンバーT209手持

でも、のっぽ的に、この携帯電話に、どこか懐かしい感じがするのです。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「考えることしばし・・・・・・・・・・・・・・」


もしかして、昔使ってたかも!!!!。

たぶん今から20年位前の「アナログ時代」
に買ったような記憶が・・・・・・・・・・・


早速、のっぽの宝箱を押入れの置くから引っ張り出してきます。
大型のダンボールを3個あけたときにそれは突然現れたのです。


T209床置
T209OPEN床置

なんと、無傷の状態で、当時買ったまんまの化粧箱に入っていたのです。
少し充電をして見ます。

なんと言うことでしょう・・・・・
電源が上がります。

メチャクチャカッコイイ!!!

T209本体手持
T209本体手持UP

契約書もあり、当時のっぽが住んでいたい横浜の住所で
契約をしていたようです。【まったく記憶が無い】

そして驚くことにその契約書には1998年の刻印が!!!
今から19年前に使用していた携帯電話です。

しかも電池が生きているとは驚きです。

ここから記憶が少々タイムスリップしてしまいます・・・・・・・



当時、携帯電話はデジタル(2G)に移行して
もうすぐアナログ(1G)の電波も止まるかもしれない時期。

当時関東ではIDOと言う「携帯電話キャリア」が存在していて、
店頭で0円キャンペーンをガンガン行なっていたのです。

そんな時代だったのですが、どうやらこの機種のフォルム
に惚れてしまったのっぽは、4000円近く出してこの機種を
購入したのです。

アナログの利点は、音声が固定電話と同等にクリアーで
聞き取りやすいのですが、電池がまったく持たない。
当時の記憶だとフル充電で朝出て、夕方まで1回も電話せず
待ちうけだけで、電池切れが起こるのは日常茶飯事!!!

T209契約書

でも、この形が大好きで、大好きで・・・・・・・・・・
でも、とうとう来てしまうのです、アナログ電波停止の日が・・・・

「2000年9月30日」

それ以来電源を入れることなく押入れの箱の中でずーっと
時を過ごしていたのです。

あれから17年、のっぽも色々御座いましたが、当時使っていた
アイテムが出てくると走馬灯のように記憶が蘇ってきます。

とても懐かしい気持ちになることが出来ました。
それも、この映画のお陰かな?と思う
今日この頃なのです。


追伸
モトローラさん もう一度この形で今使える端末出してください。
のっぽは絶対に購入しますので・・・・・・・


「ポチットナ」していただけると幸いです!!!


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ


クレジットカード ブログランキングへ

Comments 0

Leave a reply